缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

Photoshopでの作成方法 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

Photoshopでの作成方法 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

Photoshopでの作成方法

デザインには絶対にロックをかけないでください。
側面から裏側にわたりデザイン面が巻いています。この部分まで重要なデザイン要素を入れると缶バッチを正面から見た場合に不完全なデータになってしまいますのでご注意ください。

文字データや画像データについて

文字データや画像データについて 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

テキストには必ず「ラスタライズ」を行ってください。

作成データのカラーモードについて

バッジデザインの基本 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

カラーモードはCMYKカラーにてお願いいたします。また、特色カラーは使用しないでください。※微妙な色合いのデザインにつきましては、色見本を添付していただけると幸いです。

◯RGB(光の3原色)とは
主にディスプレイ上で表現される鮮やかなカラー

◯CMYK(絵の具の3原色)とは
印刷などで出せる色味。

※RGBモードのまま入稿された場合、印刷がやや暗くなります。
作成時やご入稿前にご確認下さい。

テンプレートの使い方

テンプレートの使い方 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

テンプレートは必ずPasLabのテンプレートを使用してください。
正面は「ガイド」までになりますが「巻代」まで背景色や背景デザインを入れて下さい。
詳しくはバッジデザインの基本を参照下さい。

画像やイラストの解像度について

必ず巻代(まきしろ)の部分も配置して下さい。
■クリップパスは使用しないで下さい。

画像やイラストの解像度について 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

■ラスタ画像の解像度は350dpiを推奨いたします。
※dpiとは?1inchあたりのピクセルの数を表す単位。
低い解像度のまま印刷すると、仕上がりが粗くなる場合があります。

保存形式について

保存形式 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

デザインデータ形式はPSDで保存願います。ファイル名は半角英数にてお願いします。

ご入稿時のファイル構成について

一つのデザインにつき、一つのファイルにてお願いいたします。
複数にデザインの場合は、各々個別にファイルにて作成を願います。
※ファイル名は必ず半角英数のみ使用ください。

1.Photshop用のテンプレートをダウンロードしていただき解凍します。

2.基本的なデザインやPhotshop形式(psd)で別名保存してください。ファイル名は必ず半角英数にてお願いします。

ご入稿時のファイル構成について 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

一つのフォルダにまとめ、ZIP形式で圧縮してご入稿ください。

ご入稿時のファイル構成について 缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。缶バッジ専門工場 PasLab(パスラボ)

  • 缶バッジの品質と仕様
  • 製品ラインナップ
  • 価格の一覧とサービス内容
  • 納期について
大ロット見積もり
  • よくある質問と解答
  • 製品サンプルのご請求